札22あ・・44

北海道中央バス
日野RC300P/1971年式 金産自工 

 1971年4月に新製導入された貸切車。機関はDK20型直6(205PS)を
搭載する。リクライニングシートを装備し、オーバルライトに異型ベゼルを装
備する観光マスクが個性的な車両。
 76年頃に前面の塗りわけなどを改めている。新しいタイプは白線が中央
部までのび、行灯の色が赤から白に変わっている。車番標記は5-00-44
から5-・・44に変わっている。
 新製配置は月寒営業所だった模様。その後は登別営業所に転属したらし
く、室ナンバーへ登録変更されて最後を迎えたようである。
(2012.11.1 解説追加)


撮影と画像提供:vanagon714様 1975年 札幌市内にて
背景に映るマツダのロゴが、現在も使用されるものに変更されたのは75年のことである。

撮影と画像提供:vanagon714様 1976年 札幌市内にて


画像については諸事情により、モザイク処理を施しております。
但し、元画像のオリジナル性を尊重し、敢えて未処理で掲載しているものもありますのでご了承ください。
不許転載。(C)HRIB