札22あ・592

定山渓鉄道>じょうてつ 
三菱B805N/1973年式 呉羽自工

 1973年に導入された。機関は6DC2型V6(200PS)を搭載する。観光
マスクとリクライニングシートを備える当時のデラックスバスだが、冷房はま
だない。
 定山渓鉄道は73年5月31日、現在のじょうてつへ社名変更している。正
面に旧社紋が取り付けられていることから、社名変更直前の導入であると
思われる。
 ワンマン仕様ではないので貸切車のようだが、洞爺湖線で使用されている
ことから、車掌乗務で乗合兼用にて使用されたのかも知れない。
 現在は除籍。
(2017.4.14 解説追加)


撮影と画像提供:vanagon714様  国鉄札幌駅前バスターミナルにて
洞爺湖温泉行きの急行バスに使用される姿。
この場所は現在のエスタビル下のターミナルが完成する前に使われていた、札幌駅前ターミナルである。


画像については諸事情により、モザイク処理を施しております。
但し、元画像のオリジナル性を尊重し、敢えて未処理で掲載しているものもありますのでご了承ください。
不許転載。(C)HRIB