札22あ3376

道新サービスセンター>時計台バス

日産ディーゼルK-DA50T/1982年式 富士重工R15型 R3フルデッカ

 82年5月に新製導入された。機関はRD8型V8(300PS)を搭載する。
 国産初の3軸ハイデッカ車として発売されたDA50は、北海道ではふせ
観光と道新サービスセンターが導入したのみで終わり、84年に後継のP-
DA66Uが発売されている。
 道新サービスセンターは北海道新聞社の関連会社で、「道新観光バス」
の名称で94年春まで貸切バス事業を行っていた。このDA50の他に日デ
DA67や日野セレガGJなど、比較的デラックスな車両を保有していたが、
北海道中央バスグループに営業権を譲渡し、虹観光バスとして2年程運
営したのち事業を停止。その営業権を活用して北空知バスが札幌へ営業
所を開設した。
 3376は、94年に虹観光バスへ引き継がれずに時計台バスへ移籍し
た。元々同社が持っていた3367の部品確保のために購入したが、こち
らの方が程度が良好だったため、3367を除籍して使用することになった。
 96年に札幌22か2801の導入により代替され、除籍となった。ちなみ
に2801も、元は道新サービスセンターが使用していた車両である。
(2017.8.14 新規画像公開)


撮影と画像提供:ひつじ様
3367はメトロ窓であったが、3376はカーブドガラスの逆T字窓で更に高級
な仕様だった。


画像については諸事情により、モザイク(ぼかし含)処理を施しております。
但し、元画像のオリジナル性を尊重し、敢えて未処理で掲載しているものもありますのでご了承ください。
不許転載。(C)HRIB