はじめにお読みください。

                  

北海道バス総合研究所について


当研究所は、実際に組織された団体ではなく、個人的な趣味活動として存在しています。


〜活動内容と目的〜

北海道内で活躍する、または活躍していたバスに関する
・データの体系化
・写真記録の保存
・各種調査活動
・その他、これらに付帯する活動

これら活動を通じて、
北海道のバスに関する情報や記録を後世に遺していくこと
を目的とします。



〜当サイトについて〜

当サイトは、上記の活動内容と目的に即し、
皆様と情報を共有するための場所として運営しております。

当サイトは如何なるバス事業者・その他の企業とは一切関係ありません。
内容についての、事業者・企業他関係機関等への問い合わせはご遠慮願います。
また、趣旨から外れると判断される話題(バス事業者に対する苦情など)は一切受け付けません。

当サイトの提供する情報の正誤にかかわらず、
北海道バス総合研究所はその運用結果に対する責任は負いません。
なお情報等に誤りのないよう努力しておりますが、
あくまで個人の趣味の範疇で行っていることであることをご理解ください。

当サイトに掲載されている情報(文章・写真)の無断転載は禁止です。


〜サイトポリシー〜

・当サイトでは、以下のように略号・略称を用いて表現している部分があります。

 1.STD・・・標準床
 2.HD・・・ハイデッカ
 3.SD・・・セミデッカ
 4.PD・・・パノラマデッカ
 5.FD・・・フルデッカ
 6.AEHD(QV・STD)・・・MS7系エアロバスハイデッカ
       (エアロクイーンバージョン・スタンダードルーフ)
 7.NAEHD(STD)・・・MS8系ニューエアロバスハイデッカ(スタンダードデッカ)
 8.S−AE(1・2)・・・スーパーエアロ(1・2)
 9.AQ(M・K・W・MV)・・・MS7系エアロクイーン(M・K・W・MV)
10.AK・・・エアロキング
11.(N)AQ-(1・2・3)・・・MS8系(ニュー)エアロクイーン(1・2・3)
12. GD(GJ・GT)・・・グランデッカ(グランジェット・グランシアター)
13.W扉・・・ワイド折扉
14.ワンステ・・・ワンステップバス
15.ノンステ・・・ノンステップバス
16.リクライ・・・リクライニングシート
17.セミロマンス・・・セミロマンスシート
18.ロマンス・・・ロマンスシート
(順不同)

・当サイトでは、
譲渡車(いわゆる中古車)について、原則として車両の元所有者、および
譲渡先を公表することはいたしません。ただし、以下の場合については
この限りではありません。

1.当該事業者が既に存在しない場合。
2.当該事業者とは資本等で関係がある場合。
3.当該事業者が事業廃止などの理由で車両を廃車にした場合。
4.当該車両がすでに廃車となっている(事業用、緑ナンバー車両として登録されていない)
  場合。

5.その他、管理人の判断で公表しても構わないとする場合。

・当サイトにおける「廃車」とは、その事業者で用途廃止(使用を終えたこと)になったこと
 をいいます。
 即ち、車両の登録移転(譲渡)および廃車解体を含めた言い方として使用しています。


・当サイトで使用しているバス画像の中には、運転者を含む乗員などの部分を画像処理
 のうえ掲載しています。肖像権云々の指摘を受けていることや、不特定多数の人の
 目に触れるという、インターネットの特性上の考慮によるものです。
 あらかじめご了承ください。


当サイトとリンクを結んで頂ける方を募集いたします。
メールにて管理人までお知らせください。相互リンク致しましょう。

また、ご意見・ご希望・ご助言、その他情報等をお持ちでしたら、
メールでご連絡をくださいますようお願いいたします。

情報提供につきましては、ハンドルネームだけでなく、なるべく本名も添えてください。
このサイトを通じて、バスファンの輪と和を広げていきたいと思っております。
また、提供される情報への責任と言う意味でも、ご協力をお願いいたします。


volcano@agate.plala.or.jp


※Special Thanks!※

栗山 雅俊様 葛西 映様 バドラー様 ジャイアントベイビー様 ゑび様 ひつじ様
ばすずき様 高橋 則行様 オオ桃様 田園様 山下 進様 仲西 浩志様
K.I様 SYS様 小トラ様 skipper様 daisukebe様 梅源線友の会様 鳩村刑事様
東北海道陸輸家様 ドリーミント様 テキーラ様
 view様 hokuten様 併結特急様
その他、北海道バス総合研究所の活動に賛同していただいている皆様    (順不同)

本サイトの作成と当研究所の活動に当たって、情報・写真の提供を頂いている皆様に感謝申し上げます。

(C)2003.2004 HRIB (2004/10/12追記)


前ページへ戻る